[タイ携帯電話情報] プリペイドSIMってお得なの?

[タイ携帯電話情報] プリペイドSIMってお得なの?

東南アジアでは一般的なプリペイドSIM

日本ではあまりプリペイドSIMは販売されていませんが、タイなどの東南アジアでは一般的に流通しております。

数年前までは東南アジアを旅行する際には「SIMフリースマホ」+「現地のプリペイドSIM」カードという使い方が一般的でした。

尚、タイでプリペイドSIMカードを買う際には「パスポートの提示」だけで簡単にSIMカードを購入することが出来ます。2014年頃はパスポートも不要だったのでさらに簡単に変えましたが、不正利用が増えたことを受けて少しハードルが上がった感じです。

プリペイドSIMカードってどうなの?

プリペイドSIMは事前にチャージして使いたいだけ使えるのは大きなメリットですが、肝心な時に残高不足で電話が使えなかったり、残高が残っていても有効期限切れで電話が使えなくなったりと長期滞在者が利用する際には少し手間がかかってきます。

また、インターネットの利用には毎月30日分のパッケージを申し込まなければなりません。パッケージなしでインターネットに接続してしまうと、残高が見る間に減っていき逆に高くつくこともあり、明細がもらえない為詳細の利用状況等が不明瞭な場合もあります。

そして、プリペイド式の番号は基本的にタイ国外(ローミング)で使うことは出来ません。急な出国の際に渡航先での連絡手段に困る場合も出てきます。後々、ポストペイド(月極契約)に変更しようとした場合にも手間がかかる為、「まずはプリペイド」でいいかと思って失敗するケースも多々あります。

● 長期滞在者は月額契約の方がプランがお得!
タイのローカルキャリアで月額契約でSIMカードを契約する場合には、ワークパーミットなどが必要なので、働いている人以外が契約するのは結構面倒ですが長期契約を前提としたプランという事もあり、プリペイドより割安なプランが多いです。

電話番号保管はプリペイドSIMがお得!

タイに頻繁に来るという方の場合、毎月の費用をかけずに電話番号を継続して使いたいという人も結構います。そんな人はプリペイドSIMがお得です!

10THB以上を1回チャージすると30日間有効期限が延長されるので、その機能を使えば安い金額で長期間電話番号をキープしておけます。

最近は携帯各社アプリを出していて、そのアプリからチャージも出来るのでかなり便利になりました。
タイに渡航が決まったらアプリからパッケージを購入するだけでOKです。

●使ってみると結構簡単!
使う前は自分に使えるかなと不安という方もいるかもしれませんが、実際に旅行の際にプリペイドSIMカードを購入して使ってみると、かなり簡単です。是非試してみてください。

短期旅行はeSIMが便利!

海外旅行をする際の新しい通信手段として「eSIM」の利用が最近注目されていますが、渡航前に購入出来て設定も簡単なので、短期の旅行の場合にはこの方法が便利です。

色々な海外旅行用のeSIMサービスがありますが、trifaが日本語サポートも付いていて便利でした。

・trifa/トリファを10%OFFで購入するお得な方法!
eSIMを購入する際に、クーポンコードに「J1TNI10」を入力すると10%割引でeSIMを購入する事が出来るとの事!trifaを使ってeSIMを購入する際にはクーポンコードを使ってお得に購入しましょう!

オススメの契約方法は滞在期間や渡航頻度による!

タイにどのくらいの頻度で来るか、どのくらいの期間滞在するかによってSIMカードをどの方法で手配すれば良いのかは変わってきます。

・短期の旅行(頻度少なめ):旅行用eSIM/ 現地プリペイドSIM
・短期の旅行(頻度多め) :現地プリペイドSIM
・中長期の滞在:現地プリペイドSIM / 月額契約
・長期間の赴任:月額契約

基本的にはこんな感じでSIMカードをどの方法で契約するかを選択していけば良いと思います。

レンタルWiFiの事ならユアモバイル 研究所|携帯電話の事ならユアモバイル 研究所|スマホの事ならユアモバイル 研究所|通信の事ならユアモバイル 研究所